第48回日本超音波検査学会学術集会

第48回日本超音波検査学会学術集会

Congress Chairperson's Award(CCA)募集

第48回学術集会では、Congress Chairperson's Awardと題して、小谷賞を設けます。大会テーマになぞらえて年齢別にYOUNGとOLDに分けて開催する予定です。
一般演題の申込開始に先立ち、2022年9月12日(月)より仮申込を開始いたします。多くのご応募をお待ちしております。

Congress Chairperson’s Award
-THE YOUNG Generations Award-

医療技術者を志す学生の研究成果を讃えることで今後の自信を養い、学会発表を通じ若手研究者による学術活動の育成を目的とします。具体的には、卒業論文などで超音波検査に関する研究を行っている学生からのご登録を期待します。

Congress Chairperson’s Award
-THE OLD Generations Award-

匠の技術や知識によって撮られた超音波画像を供覧し、過去の貴重な経験を余すことなく提示・共有することで後進育成と学術意欲の向上を目的とします。超音波診断に至った着眼点や撮像の工夫、診断までの考え方などについて超音波検査の熟練者からのご登録を期待します。

Congress Chairperson's Award -THE YOUNG Generations Award-

医療技術者を志す学生の研究成果を讃えることで今後の自信を養い、学会発表を通じ若手研究者による学術活動の育成を目的とします。さらに当会会員には、新たな視点での学術情報の共有を目的とします。具体的には、卒業論文などで超音波検査に関する研究を行っている学生からの発表を予定します。

募集要項

1. 募集内容(公募)と演題登録資格

  • 超音波画像診断を用いた研究を対象とする。
  • 他の学会を含めて未発表(論文含む)のものに限る(在学中の校内の発表は含まない)
  • 在学中に行ったものであること。
  • 卒後2年以内の卒業論文も対象とすることができる。
  • 口演形式で発表できること。

※発表形式について、新型コロナウイルスの影響で開催方式が変更になる場合は、別途にて通知する。

2. 応募資格

  • 大学の学部、大学院修士課程、(大学院博士課程)、その他の関連教育機関に在学中で、超音波検査に関する研究を行っている学生会員もしくは、当学会の非会員であっても指導教員が当学会員かつ共同演者である場合は、応募可能とする。卒後2年以内の卒業論文を対象として発表する場合も、同様とする。
  • 共同演者については正・非会員を問わない。
  • 演題登録時点で30歳以下であること。

3. 募集期間

THE YOUNG Generations Award(YOUNG) :募集期間 2022年9月12日(月)~2023年3月31日(金)

仮申込期間 2022年9月12日(月)~2022年10月31日(月)
本申込期間 2022年11月1日(火)~2023年3月31日(金)

  • 締め切り後日に第1次選考を行い4月中に採否をエントリー該当者に通知します。
  • 第1次選考で惜しくも漏れた場合は、一般演題に移行します。

4. 演題登録方法

  • ホームページによる申し込みとします。
  • 既に論文が完成している場合は、申し込み時に資料として提出しても構いません。

5. 審査基準

  • 有用性:超音波診断や治療、経過観察において有用性が高いかを評価。
  • 独創性:既知の方法にはない観点や目的であるか。
  • 難易度:方法の難易度が高いか。
  • 正確性:方法の適正や結果の信憑性はどうか。口演内容に間違いがないか。
  • 明確性:解りやすい内容であるか、口演は明確であるか。

6. 選考方法と表彰

  • 演題を応募された中から、第48回日本超音波検査学会学術集会執行部および実行委員会が選考します。
  • 第1次選考(候補選考):抄録査読を執行部および実行委員で行い、候補者を選考(2023/2/15-2/28)。
    1次選考で漏れた場合は一般演題へ移行します。
  • 第2次選考(最終選考):口演発表による最終審査(JSS48学術集会当日に実施)。
  • 表彰:小谷賞として下記の3名を表彰します。

    最優秀賞 1名 副賞 5万円の商品券

    準優秀賞 1名 副賞 3万円の商品券

    努力賞  1名 副賞 1万円の商品券

7. その他

  • 応募総数が一定数に達せず少数の場合は、一般演題での発表に切り替える場合があります。
  • 応募総数が多数の場合は、選考を前倒して調整します。
  • 第2次選考演者に対して学会参加費・交通費は支給しません。
演題登録

Congress Chairperson's Award -THE OLD Generations Award-

匠の技術や知識によって撮られた超音波画像を供覧し、過去の貴重な経験を余すことなく提示・共有することで後進育成と学術意欲の向上を目的とします。超音波検査の熟練者が、超音波診断に至った着眼点や撮像の工夫、診断までの考え方などについて共有します。

募集要項

1. 募集内容(公募)と演題登録資格

  • 超音波検査が関与する症例を対象とする。
  • 他の学会を含めて未発表(論文含む)のものに限る。
  • 代表となる画像を1枚選択すること。
  • 本超音波検査による評価や診断が臨床的診断価値として有用なもの。
  • 超音波検査が診断の決起となった場合は,診断に至った経緯の解説を含めていること。
  • 貴重な画像は,装置設定や技術的工夫などの解説を含めていること。
  • 口演形式で発表できること。

※発表形式について、新型コロナウイルスの影響で開催方式が変更になる場合は、別途にて通知する。

2. 応募資格

  • 正会員であること。
  • 演題登録時点で45歳以上であること。

3. 募集期間

THE OLD Generations Award(OLD):募集期間 2022年9月12日(月)~2023年1月6日(金)1月13日(金)まで延長

1月20日(金)まで再延長

仮申込期間 2022年9月12日(月)~2022年10月31日(月)
本申込期間 2022年11月1日(火)~2023年1月6日(金)1月13日(金)まで延長 1月20日(金)まで再延長
募集を終了いたしました。皆様のご応募ありがとうございました。

  • 締め切り後日に第1次選考を行い2月中に採否をエントリー該当者に通知します。
  • 第1次選考で惜しくも漏れた場合は、一般演題に移行します。

4. 演題登録方法

  • ホームページによる申し込みとします。
  • ①画像所見、②臨床的ポイント、③技術的ポイントを抄録内に必ず記載してください。

5. 審査基準

  • 臨床的有用性:診断、治療、経過観察において臨床的な有用性が高いかを評価。
  • 画質:疾患や病態の描出度や鮮鋭度などを評価。
  • 撮影技術:超音波の特性を活かし、患者の体位や、撮像の技術的な創意工夫があるかを評価。
  • 画像処理技術:機器の性能や特性(ゲイン、フィルタ、速度レンジ、3D画像処理、表示方法など)を最大限に活用できているかを評価。
  • 理解度:誰が見ても理解しやすいか。
  • 貴重性:珍しい疾患や病態であるか。
  • その他:患者さんへの配慮、他モダリティとの比較、新技術の応用、診断までの経緯などを評価。

6. 選考方法と表彰

  • 応募された中から第48回日本超音波検査学会学術集会執行部および実行委員が選考します。
  • 第1次選考(候補選考):抄録査読を執行部および実行委員で行い、候補者を選考(2023/2/15-2/28)。1次選考で漏れた場合は一般演題へ移行します。
  • 第2次選考(最終選考):口演発表による最終審査(JSS48学術集会当日に実施)
  • 表彰:小谷賞として下記の3名を表彰します。

    金賞 1名 副賞 5万円の商品券

    銀賞 1名 副賞 3万円の商品券

    銅賞 1名 副賞 1万円の商品券

7. その他

  • 応募総数が一定数に達せず少数の場合は、一般演題での発表に切り替える場合があります。
  • 応募総数が多数の場合は、選考を前倒して調整します。
  • 第2次選考演者に対して学会参加費・交通費は支給しません。
演題登録

募集を終了いたしました

ページトップ

運営事務局

第48回日本超音波検査学会学術集会 運営事務局
(株式会社インターグループ内)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1
インターグループビル
TEL:06-6372-3052 FAX:06-6376-2362 
E-mail:jss48@intergroup.co.jp